HOME>オススメ情報>髪のパサツキはケア方法が間違っていたから?正しいケア方法

髪のパサツキはケア方法が間違っていたから?正しいケア方法

ウーマン

正しいシャンプーとは

シャンプーは、髪の汚れを落とすことが1番の目的ですが、洗い流すものであっても毎日使うものだから肌やや目など人体に刺激が少ないことが前提です。パサつきを防ぐには、アミノ酸系のシャンプーを使うのがいいです。シャンプーは、泡立ちが良くてしっとり感やまとまり感がある事などが大切です。まずお湯などで髪を濡らします。その後、軽く予洗いをして汚れを落とします。次に、シャンプーを適量を手のひらに取って全体になじませます。優しくマッサージをするように洗います。その時に、爪を立てずに指の腹で地肌をシャンプーする感覚が大切です。しっかりと泡立てて汚れを落としていきます。その後、すすぎをしっかりとしいて洗い流します。

婦人

シャンプー後のケアも大事

髪のパサつきが、気になる時はシャンプーの後のケアも大切です。シャンプーで洗ってしっかりとすすいだ後に、トリートメントをするとキューティクル保護をしてタンパク成分と保湿を行ってくれます。また、コンディショナーをすると髪がさらさらになります。その後、タオルドライを行いますがごしごしこすらず、たたくように拭くのが大切です。そのあとしっかりとドライヤーで乾かすことが大切です。その時に、高い熱を1か所に集中してドライヤーをかけると髪が痛むので、近づけすぎないで乾かすことが必要です。さらに、くしどおりを良くするのに、洗い流さないトリートメントやクリームなどを使って保護することも大切です。無理なブラッシングも毛髪を傷めることになるので優しくブラッシングすることが大切です。